臓器提供意思登録について

3.登録意思の法律上の取り扱いについて

[臓器を提供する意思]
 「臓器を提供する意思」は、仮登録後に郵送されるIDの入った登録カードに署名年月日と署名を自筆で書き込むとともに、IDの入力による本登録完了後に有効な意思表示として取り扱われます。
 臓器提供意思仮登録の控えを印刷して署名したり、仮登録後に送付されるIDの入った登録カードに自筆署名することも有効な意思表示として取り扱われます。
 また、「提供する」意思の登録は、15歳以上90歳未満の方が可能です。15歳未満の方は、15歳になってから登録してください。

[臓器を提供しない意思]
 「臓器を提供しない意思」は、本サイト上ではIDの入力による本登録完了後に有効な意思表示として取り扱われます。仮登録の状態では、有効な意思として認められません。
 臓器提供意思仮登録の控えを印刷して署名したり、仮登録後に送付されるIDの入った登録カードに自筆署名することも有効な意思表示として取り扱われます。
 また、「提供しない」意思の登録は、90歳未満の方が可能です。15歳になると「提供する」意思の登録が可能となりますので、本人の意思登録内容についてご確認いただくためのお知らせをメール配信などで行います。メールアドレスなど個人情報に変更があった場合は速やかに変更してください。

[親族に臓器を優先的に提供する意思]
 平成22年1月17日より、臓器を提供する意思を書面により表示している場合に、親族に対し臓器を優先的に提供する意思を併せて表示できることになりました。本サイトでも「臓器を提供する意思」を選択された方は、併せて親族に対し臓器を優先的に提供する意思を登録することができます。親族優先提供の意思も登録した方は、仮登録後に送付されるIDの入った登録カードの特記欄に「親族優先」と記入されますので、自筆署名することで有効な意思表示として取り扱われます。



次へ

戻る


臓器提供意思登録についてへ戻る

臓器提供意思登録についてトップへ戻る

トップページへ

(c)Japan Organ
Transplant Network